結婚相談所を利用する|結婚したい人は専門家のサポートを利用する

会員になる

ピアノを弾く花嫁

結婚相談所によって違うスタイル

結婚相談所は入会手続きをして会員になることで利用できるサービスです。会員になれる条件は各相談所で異なりますが、基本的にどこの相談所も厳しい入会審査があります。個人経営の結婚相談所や地域密着の結婚相談所でも、たいていは大きな仲人協会などに加盟しているので、事務所ごとの会員数は少なくても協会のネットワークを利用すれば会員数が多くなります。 データマッチングやネット主体の結婚相談所は、ネットで婚活するタイプです。データマッチングなら従来の結婚相談所のようにアドバイザーが引き合せをしてくれるコースもあります。ネット主体の結婚相談所は入会手続きも検索も完全ネットオンリーで、入会費や会費がリーズナブルです。

入会前にチェックすること

できるだけ早く結婚したいならアドバイザーサポートがある結婚相談所がお勧めです。入会する前に無料カウンセリングを受けてみて、事務所の雰囲気をチェックし、アドバイザーがしっかり仕事をしてくれる人かどうかを見極める必要があります。 また、結婚相談所ごとに会員の質や年齢層が違うので、それに合わせることも大事です。アラフォー女性なら、20代前半〜20代後半の若い人が多く在籍しているところよりも、30代以降の人が多い結婚相談所のほうが婚活しやすいと思います。基本的にネット主体やデータマッチングは若い人が多く利用している傾向があります。アドバイザーサポートがある結婚相談所は落ち着いた大人の出会いが期待できます。